トップページ > お食事処 お勧めレストラン
タイ料理と言うと皆さん「から〜い」と言うけれど、甘い物も多いんですよ。でも中間の味が無い。日本食のような微妙な味付けや下味が無いんです。 辛いものはとっても辛い、甘い物は「うぇ〜」と言うほど甘い、あと、すっぱい・しょっぱいとね。もともとタイ料理は中華料理の変形ですから、日本人には合うはずなんですがねぇ。
フカヒレ・・・
「スカラ」サイアムスクエア
何と言っても絶品!低価格でフカヒレの姿煮が食べられます。答えられない味です。日本のフカヒレスープ!何処にフカヒレあるの?とは大違いです。まさにフカヒレです。最近フカヒレが小さくなって来ましたが、味の良さでまだまだ合格です。最近はカニ炒飯もお勧めです。
スカラ・フカヒレ バンコク・フカヒレ
シーフード・・・
「ソンブーン・ポーシャナー」スリウォン通り
「Aポーシャナー」サムヤン地区
シーフード何でも安価に豪勢に食べられます。メニューは写真式なので、見て「これ」と言えばOK。特に「ソンブーン」のトムヤムクンは絶品ですよ。他のシーフード店は衛生上危ないので気を付けて下さい。また、生カキは出来れば避けて下さい。日本からのお客様はソンブーンご指名が多いです。日本の旅行雑誌では「ソンブーンのカニカレー炒め(プー・パッポン・カリー)は絶品」と紹介してあるようですが、本当に美味しく白ご飯に合います。炒飯には食い合わせが良くありません。(写真は「ソンブーン・スリウォン店」)
タイスキ・・・
「コカ」スリウォン店
「MK」チェーン店
日本の寄せ鍋。中に入れる物を、メニューでトッピングします。火が通ったら、特製のタレに付けて食べます。日本人には慣れた味です。食べ終わったら、たくさんの良いダシが出たスープで「おじや」。でもこれをやるのは日本人だけで、タイの人は全くしないんです。ですからスープにご飯とタマゴを入れている場を見たら、「あのグループは日本人だな」とすぐ解ります。他にもタイスキの店はたくさんありますが、私はこの「コカ・スリウォン店」のタレが気に入っています。最近日本人団体さん向けでサイアムスクエアー店のタレが甘口となっていますので、ピリカラ好きな方はスリウォン店をお勧めします。辛いのがダメな方はサイアムスクエアかワールドトレードセンター店へどうぞ。
純タイ料理・・・
「サラ・リム・ナーム」オリエンタルホテル
「マンゴツリー」コカ・スリウォン店隣り
「レモングラス」スクンビット通り


タイダンスを見ながら、純タイ料理。オリエンタルホテル直営「サラ・リム・ナーム」、一度は行って置きたい場所です。しかし、料理は本来のタイ料理の味付けではなく、もっぱら白人客に合わせた「甘くなく辛くなく」の中途半端な味付け。上品ですが、本物のタイ料理を食べたら本物のタイ料理の味付けで無いことはすぐ解ります。
(写真はサラリムナーム)
以前に「タム・ナック・タイ」と言うタイダンスを見せ、ローラースケートで料理を運ぶアジア最大のタイ料理店があったのですが、2000年の初めに突然の閉店、残念です。
ペキンダック・・・
「シャンガリア・シーロム店」
シーロム通り、シーロムプラザ前
中華料理店です。「シーロム店」と「タニヤ店」があります。「タニヤ店」は同じ料理でも高額ですし、「シーロム店」の調理人の方が腕は上です。従って「シーロム店」をお勧め致します。また「シーロム店」のペキンダックは超〜美味しいです。適度に油を抜き、油濃くありません。このシャンガリアはアワビ料理も絶品ですが、超高いのでご注意を。全体的に薄味で、素材の風味を損なわない調理をしています。
カブトガニ・・・
「各シーフード店」

これはもう大変!!!日本では特別天然記念物となっている「かぶとガニ」が、ここタイでは食べてしまいます。と、言っても、実際に食べるのは「卵」。ちょっとしたオードブルです。大して美味しいとは思いませんが。超珍味とか・・・お試しあれ。
Copyright ©2006- HELLO BANGKOK THAILAND All Rights Reserved.