トップページ > 男のナイトライフ
☆ゴーゴーバーならここ、ナナプラザ(危険度大)
どうしてもゴーゴーバーに行きたいなら「ナナプラザ」が良いでしょう。1階から4階までありますが、1階のお店を推奨致します。上部階の店ではボッタクリの危険があります。小シンハービールが1本80バーツからあります。ショーチャージやテーブルチャージはありません。飲物代だけです。巨体のウエイトレスが遠慮せずドリンクを要求してくるので伝票が一揆に増えるので厳重注意。後で文句を言うならば、はっきりNO!と言いましょう。 ステージに上がる女の子は交代となっていますので、順番が来るまではフロアにおり、お客さんからの飲物をねだります。この飲物の一部の料金が女の子にキックバックされます。ステージで踊っている女の子とは店外デートができます。またもし貴殿がウエイトレスを気に入った場合は店外デートができる可能性もあります。ちょいの間のショートから翌朝までの泊まり、3Pや4Pも可能です。ショートの場合は4階にある一発部屋を利用すると良いでしょう。パッポンは危険度最大なのでお勧めできません。
☆スタンドバー、ソイ・カーボーイ(危険度大)
この横丁にはスタンドバーに群がる女の子が居る店が集まっています。お客さんは気に入った女の子とお酒を飲み、気に入ったらホテルに直行します。ただ、どんなにブサイクでも客とベッドを共にしない娘もいますので、交渉は必須です。
☆日本人御用達、日本人しか入れないタニヤとスクンビットのカラオケクラブ (推奨遊び場所・危険度わずか)
「タニヤ地区」の日本人クラブリスト
 パッポン地区の次のブロックにあるのが「タニヤ街」。日本人専用の繁華街です。日本料理店・すし屋・居酒屋が有り、そしてメインの店は日本人クラブです。店により店外デート可と不可があり、ホステスによっても可・不可があります。

 シーロム通りに近いタニヤ通り沿いのビル。エレベーターを上がって店内に入ります。美女がずらりといます。彼女らの視線は当方へ。いや〜、圧倒されちゃう。ある子を指名して、いざ個室へ。この店はVIPルームと大部屋ラウンジとなってますが、別途費用がかかっても他の客の眼を気にせずに彼女と話しが出来る個室を選びました。カラオケで文句を言われる事がありませんし、他人の歌を我慢して聞くこともありません。1時間楽しんでバイバイ。。。

もう1件、はしごです。日本の田舎にあるカラオケスナック的クラブ。店は大きいが、店内の内装のセンスは超ひどい。ここは昔の日本にあった「置屋」、店外デート専門の店です。中に入って見ます。美女がずらりと居ます。この中から1人を選ぶのですが、時間が早いとたくさんの子が居て、「さ〜てどの子にしようか」迷ってしまいます。
どうにか照れながらある子を指名して、いざ個室へ。ボーイが飲み物・つまみのセットを持って来ます。ここから彼女との会話が始まるのですが、問題は言葉です。日本語可能な子は居ますが、まだまだ少ないです。全く会話が出来ないと間が持ちません。酒はグイグイ行っちゃうし、タバコはプカプカ、おまけにカラオケバンバン。

 接客が出来ない子でしたら、どんなに美人でもチェンジしましょう。チーママに言えばOKです。我慢せず遠慮は要りません。もし彼女と息統合したら、彼女はグイグイアピールして来ます。もう男だったら想像する行きつく先はベットでしょう。彼女もそのつもりです。ここのホステスは店外デートしか考えていないから。容姿は良いけど、こういう性格ってやだなぁ。

 1発2時間以内勝負のショートと朝までゆっくりのオールナイトがあります。価格は1発勝負のショート2,500バーツ、オールナイトは3,500バーツがタニヤの相場です。タニヤ初心者の方にはトビコミにはチト怖いでしょう。始めのうちは、知っている人の後を着いて行く方が良いでしょう。

昨今、タイ人男性(自称「フリーガイド」)が日本人男性をタニヤ通りで勧誘、気に入るまで各店舗に案内するが、これはタダでは無い。ホステスと座れば手数料を要求し、またOFFすればホステスから500バーツの手数料を徴収する、ひどい手口です。この500バーツは女の子の実費です。可愛そうですので、決してフリーの呼込みは相手にしないようにしましょう。
☆マッサージパーラー(略してMP)日本で言うならソープランド(危険度少)
 「タニヤの子は良いけど、次に行った時に違う子に変えられずらいからなぁ」と言う、男女のしがらみをおそれている方へ。パッと行って1時間30分〜2時間でバイバイのサッパリが、このマッサージパーラーです。

 料金は店によっても異なりますが、1店で女の子に価格差を付けている店もあります。どこの店の子も日本語は期待出来ません。英語も一部の子だけです。やることは同じだから言葉はいらないかな?女性が待機しているひな壇やソファから希望の女性を選んでマネージャーに伝えるとご対面です。2人して個室に向かい、あとは如何する?ご希望のままどうぞ。

 ほとんどの店は、高級店がラチャダピーセック通りやラマ9世通り、低額店がペッブリ通りに集中しています。多くの日本人が利用しているMPは「プラザ・コンプレックス」「チャオプラヤー2」「ナタリー」「ポセイドン」に集中しています。書籍やインターネットの情報により、これらの店に集中していると思われます。ペッブリ通り沿いのMPは安価です。しかしそれなりの女性しかいません。ただコストパフォーマンスを求め、女だったら誰でも良い方はここが良いでしょう。
●1,500〜2,000バーツ店・・・
程度はまあまあ、若いもいるし年増もいる、サービスは全般的に良い。金魚鉢の中に居る子はこのレート。これ以上は絶対に無い。あったらぼられている。

●2,000〜2,800バーツ店・・・
一般的に「サイドライン」と呼ばれていて、金魚蜂の中に入っておらず、客横のソファに待機している場合が多い。比較的美人が揃っており、年齢は10歳台後半から20台前半。サービスは当たりはずれあり。

●3,000〜6,000バーツ店・・・
「サイドライン」でもとびきり上等な隠れ嬢。特別な個室またはテーブルやカウンターに待機している。超美人のモデル級。超綺麗・超可愛い・・・だけどサービスを期待しちゃいけない。
☆エスコートサービス・出張マッサージ(危険度大)
 タニヤに繰り出して「俺は女なんて要らない・・・」なんて言っちゃって、結局ホテルで寂しい思いをした貴方!おもむろにエスコートサービス(出張マッサージ)に電話したりして・・・?。  もともとこの手の女の子はタニヤ等の日本人クラブにもゴーゴーバーにも勤められない子ばかり。外見も性格も良い子が居る訳がありません。エスコートの子に首っ丈の方、十分注意が必要ですぞ。
☆ホテル内のマッサージ???ほんと〜か〜???
 ホテルの施設やサービスの案内セットが各部屋に必ずありますよね。封筒とか便箋なんかと一緒に入っているやつ、あれです。暇つぶしに見ると「マッサージサービス」と書いてあります。「今日はずいぶん歩いたからなぁ、時間もあるし、マッサージでも呼ぶか」な〜んちゃってまじめに電話しちゃったら10分位でコンコンとノック。「おお、来たか」とドアを開けたら、ジャジャ〜ン、美しいじゃん。「こりゃ、ええわ、どうぞどうぞ」とベットにドタッと寝たら、彼女のスラリとした足が見える。「タイの女性はスタイル良いね。特に足が綺麗だ。うっう〜ん???おっお〜???マッサージなのに、何でハイヒール履いて来るの???」。な〜んか雰囲気違います。  でも何だか普通のマッサージが始まります。「な〜んだ思い過ごしか」と、思ったら大間違い。そう、あなたの感は当たっています。何やら一部分だけチョロチョロと接触、「こんな所、普通マッサージしないぞ、モヤモヤしちゃうじゃないか」1時間位マッサージしたら、何やら何か言っている。「何?ワカンナ〜イ」で、しょうがないから「ウンウンOKOK」何て言っちゃったら、えっ、パンツ脱がした。「じゃ、おまえも脱げよ!」でも彼女は「NO!!!」。この後、ご想像とおりです。これがスペシャルマッサージだとか。大枚取られてガクッです。「クッソー、これじゃMPに行った方が安いぞ〜」と、しっかりやった後で後悔します。。。
☆タイ・ナイトライフの遊び方思考
 ほとんどの日本人男性旅行客は1店目か2店目で気に入った子を探し、そのまま滞在一杯まで一緒に居るケースが多いです。しかしせっかく遊びに来たのですから「何発やったか」よりも「何人とやったか」に考え方を変えるべきです。
 現在の日本人男性が1名の子に集中するのは、心が寂しいからでしょう。その気持ちは解ります。しかしいずれ日本に帰る身、真剣な恋愛は不可能です。タイの女性は、日本女性と比べると全くすれていません。純粋な子が多いです。従って日本人男性がやさしくすると、急激な恋愛感情が芽生えます。その付き合いが継続すると、女の子は甘えが発生し、頻繁に金銭援助の相談が舞い込み始めます。また男性のお遊びに対しては極度に制限されます。場合によっては「殺傷事件」に発生する事もあります。女の子とは、精神的な適度の一線を引くべきです。肉体関係は問題ありません。しかし、いつでも別れられる環境を作るべきです。
 カラオケクラブの女の子との「連日同伴・連日連出し」は止めましょう。まず間違いなく甘えが出ます。合わない日を作れば他の遊びも出来ます。「明日は人に合うから同伴は出来ないし、店にも行かれないよ」とキッパリ言いましょう。日本人男性には難しいでしょうが。自分の首を締めない為にも実行して下さい。
 何度かタイに来ている日本人男性観光客(普段女性にモテナイタイプがほとんど)から、必ず「あの店の良い仲になっているホステス○○ちゃんに別の店に行ったのが解るとマズイ。彼女の友達も多いから情報が筒抜けだ。もうタニヤを歩けない」と自慢なのか?良く耳にします。全く情けない!のぼせ上がっているのには参ります。女の子は仕事、貴方はお客さん、奥さんでは無いのです。そんなに神経質にならなくても大丈夫。
 もし女の子が気に入らなくなったら、はっきりと言いましょう。タイの女の子はメソメソしません。音信不通の自然消滅はありません。はっきり言う事で彼女も吹っ切る事が出来ます。彼女にとってもその方が良いのです。「生殺し」は絶対にいけません。貴方への逆襲がありますよ、十分注意して下さい。
☆カラオケ嫌いな日本人男性
 最近カラオケ嫌いの男性が多くなって来ました。困ったものです。日本での人との付き合いが出来ない人なのでしょうね。タイでは何故「カラオケクラブ」なのか解りませんか?女の子は日本語会話が十分ではありません。本来は、貴殿との会話が成り立てばカラオケは不要なのです。しかし彼女から「歌って下さい」と何度も言われたら、貴方とのコミュニケーションが出来ていない証拠です。歌ってもらってその間をどうにか取り繕っています。もし貴方が彼女の立場だったらどうしますか?日本語も大して出来ないのに、日本の飲み屋さんみたいな会話を楽しませる女性を演じろと言うのは全く不可能です。  カラオケが嫌だったら「タイ語を覚えなさい」。そう言うカラオケ嫌いの人に限って、女の子への要求は強いものです。タニヤ・スクンビットのクラブは、全てと言って良いほどカラオケクラブとなっています。数店カラオケ無し店がありますが、女の子の連出しは出来ないシステムとなっています。もし、貴方がカラオケが嫌いでも、女の子が欲しいなら「カラオケクラブ」に行くしかありません。どうすれば良いか正解は簡単です。「個室のある店でカラオケを歌わなければ良いのです」。でも、会話は如何しますか?クラブでお葬式ですか?良く考えてくださいよ。
★★★注意勧告 厳重注意★★★
 数年前ですが、スリウォン通りのパッポン・ソイ2とパッポン通りの間で、年配の女性から「若い子の古式マッサージ」を誘われ、「美人局」事件が発生しました。状況は次の通りです。

@パッポン・ソイ2にある連れ込み宿に入室、年配女性から「未成年だから本番はダメよ」と注意を受ける。
Aマッサージ開始、最初は本式マッサージながらだんだん下半身に集中、あげくの果てには、女の子同意の上で「本番」をしてしまう。
B突然女の子が悲鳴を上げ、ポン引きのおばさんが「待ってました」とばかりに入室、大声で激怒する。
Cおばさんは「示談金」を要求する。
このように計画済みの演技です。警察に通報するも、おばさんは「未成年だから本番ダメ」と警告していますので検挙できません。まして未成年者と本番をしてしまった場合、タイでは現行犯逮捕のうえ留置となります。示談金を支払ってあやまるか、または留置されるかとなります。
Copyright ©2006- HELLO BANGKOK THAILAND All Rights Reserved.