タイ王国概要
タイ国 国歌斉唱
タイ国のプロフィール
タイ国の歴史
タイ国の祭事
タイ国の県郡町村
タイ国王
タイ国王の王宮と宮殿
タイ国の各省と内閣閣僚
タイの歴代総理大臣
タクシン元首相
タイ税関
タイ在留日本人数
タイのカレンダー
タイの展示会・フェア
 今日の為替レート
今日の両替 外国為替
 日本出発の前に
タイ便国際線情報と評価
タイ各都市の現在気温
ホテル情報(再作成中)
観光オプション
渡航荷物と必需品
日中気温に注意
 バンコクに到着したら
入出国カード記載方法
バンコク空港到着
タイ人観光ガイド
空港鉄道エアポートリンク
日本と違う常識とマナー
タイ人の気質と常識
バンコク市内観光
バンコク郊外観光
 タイ滞在中は
BTS高架鉄道
MRT地下鉄
お勧めの食事処
南国の美味しい果物
飲み物やスナック菓子
滞在中のお願い
推奨おみやげ
男女混合の夜
男だけの夜(タニヤ情報...)
 日本帰国の時に
空港への移動方法と注意
出国方法と空港内
 各 種 情 報
タイ人と日本人の海外旅行(査証VISA事情)
自動車運転免許取得事情
自動車登録標識売価事情
自動車個人輸入事情
中古自動車事情
銀行事情
携帯電話事情
携帯電話1-2-Callコマンド事情
コンピューター事情
美容室・床屋事情
写真屋事情
バンコクのSPA事情
住宅賃貸と販売事情
手長エビ釣堀事情
タイ国産ビール事情
タイのY2K危機事情
海外安全情報に物申す
日本人クラブ料金思考
バンコク・ランチグルメ
バンコク・カレーライス
ゴルフ事情
ボウリング事情
ラジコン模型事情
タイ・エリートカード事情
衛星放送事情
日本でトゥクトゥク
日本でタイ製二輪車
タイ人も歌える日本歌謡曲 [タイ語記載歌詞]
 ビジネス
推奨ビジネス素材
プリペイド携帯電話
支払代行サービス
ED漢方
G7シリーズ販売
ダイエット効果
ゼニカル販売
ハローバンコク業務内容
 バンコク情報交換掲示板
古式マッサージ店評価
フリーマーケット売買
タニヤ情報交換掲示板
タニヤクイズ
 速報・質疑応答・問合せ
タイ速報メールマガジン
質疑応答 Q and A
お問い合わせメール
 ラオスの旅
共産国ラオスへ行こう
高速バスでラオス旅行
 著作権フリー写真素材
タイ・ラオス・カンボジアの無料写真画像(調整中)
 リンク
タイ関係サイトリンク
タイ語学校リスト(日本)
タイ語学校リスト(バンコク)
【本日の為替】(5月3日)

在タイ日本大使館よりのお知らせ
2016/03/16  (1)旅券の管理
旅券を紛失又は盗難された場合には,紛失・盗難場所を管轄する警察に行き, 通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と 申請書に基づき,「旅券」,「帰国のための渡航書」を発給することとなります。 「旅券」又は「帰国のための渡航書」を受領後は,タイ入国管理局において, 諸用の手続き(入国印転記,入国年月日の確認等)が必要です。 帰国便が差し迫っている場合には,タイ入国管理局及びタイ警察における 手続の関係で予定どおり帰国することができなくなることがあります。 フライト便の変更やホテル延泊などで,予期せぬ経済的負担を強いられる ことにもなりますので,旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。 なお,警察官又は入国管理局職員に職務質問された際,パスポートを 携帯していない場合,罰金や身柄を拘束される可能性もあります。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm
(2)タイ入国(滞在)時の注意点 たばこ等の持ち込み
タイ物品税局では,たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し, 高額な罰金を科しています。たばこについては,紙巻きたばこであれば200本(1カートン), 葉巻等であれば250gまで,また酒類については1リットルまで免税での持ち込み が認められます。 これら免税たばこや酒類等について,規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合, 税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられるほか,物品も全て没収されます。 タイ国政府観光庁によれば,たばこについて 「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/160218.htm
(3)タイの文化,風習への理解 タイ滞在が楽しいものとなるように,タイにおける風俗・慣習を理解し, 敬意を払うと共に人々に不快感を与えないよう,日本にいる時と同様, 節度ある行動を常に心掛けて下さい。 タイ国民の多くは敬虔な仏教徒であり,寺院及び王室等の関連施設 及びその周辺における行動及び服装等については, 「みだりに肌を露出する服装等を避ける。」,「粗野な行動を慎む。」等配慮が必要となります。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/shiori2015.pdf
(4)タイ政府による再入国禁止措置の新設(2016年2月26日現在) 3月20日より滞在期間不法超過(オーバーステイ)を行ったものに対する 再入国禁止期間を定めた内務大臣令が施行されますので,タイ滞在に際してはご留意下さい。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/160226.htm
2016/02/18 旅券(パスポート)の管理「自己責任で防ぐ紛失・盗難」
  旅券を紛失又は盗難された場合には、紛失・盗難場所を管轄する警察に行き、通称「ポリスレポート」の作成を依頼して下さい。当館において「ポリスレポート」と申請書に基づき、「旅券」とまたは「帰国のための渡航書」を発給することとなります。受領後はタイ入国管理局において諸用の手続き(入国印転記・入国年月日の確認等)が必要です。帰国便が差し迫っている場合には、タイ入国管理局及びタイ警察における手続の関係で、予定どおり帰国することができなくなることがあります。フライト便の変更やホテル延泊などで予期せぬ経済的負担を強いられることにもなりますので、旅券の保管管理には十分気をつけて下さい。
なお、警察官又は入国管理局職員に職務質問された際、パスポートを携帯していない場合は罰金や身柄を拘束される可能性もあります。 http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/passport.htm
2016/02/18 たばこ等の持ち込み「知らなかったは通用しない厳格な取締まり・一時的な預かりでもダメ」
  タイ物品税局では、たばこ及び酒類の不法持ち込みで当局により摘発された者に対し、高額な罰金を科しています。たばこについては、紙巻きたばこであれば200本(1カートン)、葉巻等であれば250g まで。また酒類については1リットルまで免税での持ち込みが認められます。これら免税たばこや酒類等 について規定量を超えてタイ国内に持ち込もうとした場合、税関検査で摘発されると高額な罰金を科せられ、物品も全て没収されます。こうした検査・摘発はタイ当局の主権・判断に係わる事項ですので、在外公館が摘発された人に代わって交渉したり、判断に異議を唱えたりすることはできません。摘発を不服として罰金支払を拒否した場合や罰金が支払えない場合には裁判となります。その間、身柄を拘束されることもあります。 タイへ渡航される皆様には、当地の法律を守り、快適なタイの滞在を過ごされるようお願いします。
なお、タイ国政府観光庁によれば、たばこについて「他人の分を1人で持っているだけでも没収及び罰金となります。」とのことです。以下URLを参考にして下さい。 http://www.thailandtravel.or.jp/about/basic.html
【事例】空港において入国手続きの際、団体旅行グループの1人が全員分のたばこ及び酒類を一時的に預かりタイ国内(空港内税関・荷物検査)に持ち込んだところ、当局が同人物を職務質問、十数カートンのたばこと数十本の酒類を発見し、「違法」であると判断して摘発。

バンコクの近況・管理人の独り言

タイ国内業務支援・コーティネーション・国際結婚

レンタル携帯電話・ポケットWiFi

国際貨物輸出入・国際宅配便

タイ国認証漢方ED・G7・G7アルファ

タイバーツ為替メールマガジン
★当サイト内の画像とコンテンツには著作権があります。★当サイト内のオリジナル画像の使用及び転載掲載は禁止致します。★リンクは自由です。
Copyright ©1996- HELLO BANGKOK THAILAND All Rights Reserved.